【甘】CRベルサイユのばら 遥かな時を超えてGLST 正しい電チュー開放パターン&止め打ち

ベルサイユのばら
この記事ではパチンコ CRベルサイユのばら
スペック・ボーダー・電チュー開放パターン・止め打ち方法について
記載しています。
私も実際に打ってきたのでどこよりも現場目線となっております。

それではご覧下さい(*^^*)

スペック・ボーダー

50fa4b430f1da5352b75cf691e7c7c34
スペック的にはST機で
初当たり後10回転のSTが付いてきます(*^。^*)
319ver.は確変タイプ、199ver.は70回のSTが付いてくるタイプのようですね!

西陣の機種ということで、
ゲージは極めて優秀です!!
なのでヘソが開いてなくても
回るなんてことはよくあると思います!

個人的に要チェックの台ですね!

電チューの賞球は2球ですが、
スルー・電横の調整が悪くない限り玉増えが可能です。
後に記載していますが、止め打ちも難しくないと思うので
期待値稼働しやすい機種なのではないでしょうか?(*^_^*)

ただ見てる感じ、アタッカーが結構こぼれるので
アタッカー周辺がマイナス調整されてると
出玉が辛いかなという印象です。
屋根は引っ掛かりやすいので捻り打ちによる効果は
絶大だと思います(*^_^*)

実際に打ってきました

先日、本機を打つ機会があったので
実際に打ってきました。
20160517_181659
20160517_123155
寄りもこぼしもマイナス調整で、
ヘソも微開けでしたが、
やはりゲージが優秀なのでめっちゃ回ってくれますw

ちょっとでもヘソが開いてたら
触ってみるのもありかもしれませんね(*^_^*)

ebcea3de240912ac29d95197e9b08794

回転はちょっと上ムラだと思いますが
やはり回りやすいです!!

電サポ中の玉増えは
マイナス調整がひどくなければ
1~1.5球くらいでしょうか。

電サポ中の止め打ちなんですが、
検索して上位表示されるサイトでは
「調査中」になっているところが多かったので
以下、正しい開放パターンと止め打ち方法について
記しておきます。

正しい電チュー開放パターン&止め打ち

■電チュー解放パターン
2回開放(L・L)or3回開放(M・M・M)
※S=ショート,M=ミドル,L=ロング,・=インターバル
※6個入賞で強制終了
開放パターンは盤面右下の小デジタルランプ群で確認。
両点灯で2回開放(L・L),右点灯で3回開放(M・M・M)。
d9d6dcc948a2e1abc5b169d7a69f7ca9

■止め打ち手順
共通手順:最後の開放が閉じたら2発

[2回開放(L・L)時]
①小デジタルが停止するのを確認して1~2発
②1回目の開放が開いて2拍置いて4~5発
③共通手順へ

[3回開放(M・M・M)時]
①1回目の開放が開いたら2~3発
②2回目の開放が開いたら2~3発
③共通手順へ

スルーの通り具合や、電横の調整で
打ち出し個数は各々調整してみて下さい!(^^)!

基本的に余分に打ち出す場合は
最後の1発を捻る感じで^^

捻らなくても十分な玉増えが可能です!

    
スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

プロフィール










管理人のたままと申します。
2013年8月にパチンコ・スロットデビュー。当初から「勝ち」に拘った立ち回りを実践して現在に至ります。当ブログは、初心者も気軽に「設定狙い」に挑戦して欲しいという願いから設立しました。まだまだ至らない点も多いと思いますが読者様に有益な情報をお届け出来るよう努めていきますので今後とも宜しくお願い致します。

アーカイブ

最近のコメント

相互RSS

このページの先頭へ