【設定狙い】とあるホールのとあるイベントのとあるAタイプ機種の設定配分を色々考察してみた。【立ち回り】

b88a0c1726a1a5a1c8ac1f7867b81ecf
この記事では私の地域の
とあるホールのとあるイベントの
とあるAタイプ機種の設定配分について考察しています。

直接的には読者様には
メリットはないかもしれませんが
何か立ち回りの参考にでもなればと思い
記事にしてみました。
尚、記事作成日と投稿日にはかなりのラグがあります。

それではご覧下さい(*^^*)

———スポンサードリンク———


閉店時データ

最近力を入れ始めたとあるホールの
とあるAタイプ機種の閉店時データを
採ってきました。

それがこちら↓

総回転-BIG-REG
7021 31 18
6996 39 20
6688 18 20

(中略)

5407 18 11
6336 28 21
6584 26 15

考察

閉店時データを元に色々考察してみました。

適当に座った場合

まずは適当に座った場合です。
当ホールの当イベントに参加して狙い台も絞らずに
適当に座ったとします。

その場合は平均設定を打つことになります。
なので全台の総回転・BIG・REG累計から
全台平均のBIG・REG確率を算出します。

その結果は・・・

BIG・・・1/257.3
REG・・・1/372.5

c727c87a8bbb3fbf3cc64176c5a88a7b
設定5の近似値となるので
平均設定は5と分かりました。

なので適当に座った場合は
超単純に考えて設定5を打つことになるので
機械割は107%、時給は3360円になりますね(*^^*)

この平均設定の算出方法は、
実際の平均設定とは少々意味が異なるのですが
(高設定は打たれやすく、低設定は捨てられやすいため)
該当日は総回転にほとんど差がなく
全体的に回数が付いていたのでほぼズレはないと思います。

また判別込みの平均設定ということは
自分が打つ場合の数値に極めて近くなるのでより現実的になります。

島図から考える

先程、平均設定は5と分かり、
適当に座っても時給は3360円になると述べましたが
実際は少し違います。
何故ならホールの設定の入れ方と
ライバル(お客さん)のレベルが加味されていないからです。

ホールの設定の入れ方とは、ホールがどのように設定を使っているかということです。
先程、平均設定は5だとわかりましたが
全台設定5なのか否かということですね。
ホール側も設定を使うからには
出玉をお客さんにアピールしたいわけです。
なので一般的にお客さんの目の付きやすい場所に
高設定を使われる可能性が高くなります。
そこで島図から考えることが重要になります。

今回の場合ですと、
島の片方はメイン通路になっていて、
もう片方はサブ通路となっているホールでした。

そこでメイン通路側の半分と、
サブ通路側の半分で平均設定を算出してみました。

■メイン通路側
BIG・・・1/249.4
REG・・・1/354.0
平均設定5.5

■サブ通路側
BIG・・・1/265.1
REG・・・1/393.3
平均設定4

という結果になりました。

つまりメイン通路側では平均設定5.5を打つことになるので
機械割は109~110%,時給は約4600円となります。
対してサブ通路側では平均設定4を打つことになるので
機械割は104%,時給は1920円となります。

最後に

以上の結果から、平均設定5の環境下でも、
場所によって平均設定が変わることがわかりました。
なので実践では少なくともメイン通路側に座れないと
お話にならないということですね!
そして設定狙いの目指すところは勿論設定6なので
ここから更に設定6を絞っていく作業が必要です。
ここはまたの機会に記事にしてみたいと思います(*^^*)

先ほどライバルのレベルについて触れましたが、
ここで言うライバルとはこういったホールの癖、
高設定の入る場所・台を狙っている人を指します。
Aタイプの合算なんて1日で収束する値ではないので
良合算を狙っている人はライバルとはなりません。

自分がいくらホールの癖や
高設定の入る場所・台を絞り込めたとしても
ライバルに毎回取られていたら意味がないので
そういったライバルを把握しておくことも重要ですね(*^_^*)

    
スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

プロフィール










管理人のたままと申します。
2013年8月にパチンコ・スロットデビュー。当初から「勝ち」に拘った立ち回りを実践して現在に至ります。当ブログは、初心者も気軽に「設定狙い」に挑戦して欲しいという願いから設立しました。まだまだ至らない点も多いと思いますが読者様に有益な情報をお届け出来るよう努めていきますので今後とも宜しくお願い致します。

アーカイブ

最近のコメント

相互RSS

このページの先頭へ