【暫定版】秘宝伝~伝説への道~ 設定差・設定判別まとめ

hihouden-densetsu-obi(c)DAITO GIKEN

この記事ではパチスロ秘宝伝~伝説への道~
設定差・設定判別要素についてまとめています。
設定判別手順の一例についても紹介しているので
参考になれば幸いです。
予習・復習・設定狙いの際はぜひご活用ください。

初当たり・スペック

740c9625b252839db89d2330093d34ac
ARTは段階的に設定差があります。
BIGは非常に大きな設定差があるので
1日に複数回確認出来れば
かなり強い要素となりそうです。

機械割は比較的甘めなので
設定狙い向きの機種と言えそうです。

高設定確定演出

■ART終了画面
初代秘宝伝→設定3456確定
封じられた女神or神の眼→設定456確定
太陽を求める者達→設定56確定
歴代主人公全員→設定6確定

チャンス目出現率

3ef20b27d15d33cd0daaadf9dddd791e
チャンス目はプチボーナス扱いとなっており
段階的な設定差が存在します。
設定6のみ別格なので重要な判別要素と言えます。

本機は通常時のゲーム数を正確に判断する術がないので
データカウンターがどういう仕組みなのかは
打つ際に確認しましょう。

子役確率

■通常時
8aa586eb66bb2c1301d88dde3a5c1d31
本機の設定判別のメインは子役確率になります。
設定差のある子役が豊富なので
出来るだけ多くカウント出来ると良いです。
高設定の特徴としては、
ベルが出にくく、他の子役が出やすいといった
感じですね!

順押し(左リールバー狙い)時、
チャンスリプレイ:右上がりリプレイ
チャンス目:ピラミッドハズレ
強チャンス目:ピラミッド揃い
となります。

チャンス目(MB)中は、子役確率が変わり
設定差が存在しないのでサンプルから除外
しなければいけません。
データカウンターの仕様は要確認です。
(プチボーナス中のゲーム数をカウントするのか、どこからカウントするのかなど)

同時成立

■同時成立期待度
c6e4a571dc385e6d29dc534f8ee9d285※11枚チェリー(100%),強チャンス目(100%)は設定差なし

設定差が大きいのは
チャンスリプ,4枚チェリーなので
特にその2つをチェックしましょう(*^^*)

ステージ移行

■通常→渓谷
d645600cd68a4e01e67cb7bca9b374b6
■渓谷→回廊
206b657e725264ab743bd93b5ee08552
■通常→回廊
設定差なし:SIN(0.4%)

■転落率
9caced02023639d027764db8ba33a290

状態移行率に設定差があります。
ステージには通常4ステージ・渓谷・回廊の3種類が存在し、
背景モードを示唆しています。

ステージと背景モードは完全リンクではないですが
ほとんどリンクしているので
子役からのステージ移行を設定判別に組み込むと
判別の精度が上がりますね(*^。^*)

秘宝チャンステーブル

1fdb1dc681ffc3b370fe22064c1c9c4b
■通常状態
cf7387cd067dc7447805306d7278c430
■チャンスA状態
c8c39b614d3e0c82766732c15c583b92
■チャンスB状態
d30f4e54b302bad57a9c0d377a32d4a6
■チャンスC状態
f45f5082125c721b5259f5d147bfa127

■テーブル選択率
2630a57eb1e060d2faedbd677137b79d
秘宝チャンス状態は、
通常/チャンスA/チャンスB/チャンスCの4種類が存在し
秘宝チャンスの抽選に影響します。

秘宝チャンス抽選の流れとしては、
まず秘宝チャンステーブルを決定し、
秘宝チャンススルー回数に応じて秘宝チャンス状態を決定。
秘宝チャンス状態と滞在ステージに応じて秘宝チャンスが抽選される仕組みです。

秘宝チャンステーブル選択率に設定差があります。
特にテーブル8は設定差が大きく、その差は
設定1と6で約16倍!!!

チャンスBはドラゴンバトル以上確定,
チャンスCは高確率以上確定なので
テーブル8はわりと簡単に判別出来ると思います。

ART終了画面

■クレア高確非当選時
e8faa993d2e2b06fb1412d4866855f72
■クレア高確当選時
0e824ed84f599ab601d593bdb849d598
hihodenn-dennsethu-shuryogamen2

引用元:Slot DESIGN

ART終了画面で、
液晶右のピラミッドに触れる
キャラの1枚絵が出現し、
その絵で設定を示唆しています。

設定4以上確定が出た場合は、
閉店までツッパですかね(*^^*)

設定判別手順紹介

カウントするもの
■通常時+ART中
・チャンス目
・チャンリプ
・押し順ベル
・共通ベル
・4枚チェリー
・強チャンス目
・チャンリプ同時当選
・4枚チェリー同時当選
■ART終了画面
・ラッシュ
・レオナ
・シャーリー

メモ
■通常時+ART中
———-11枚チェリー———
回数:
———-BIG———-
回数:
———-状態移行———-
■通常滞在時
チャンリプ:
→渓谷:
チェリー:
→渓谷:
■渓谷滞在時
チャンリプ:
→回廊:
チェリー:
→回廊:

本機は自動でカウントしてくれる機能がないので子役は頑張って自力でカウントしていきましょう(*^^*)
分母の大きい11枚チェリーとBIGは頻度が少ないと考えられるため、メモにしましたがまとめてカウントしても良いと思います。

それでは設定判別手順の一例を紹介しておきます。

①データカウンターの仕様の確認
必ずしも1番最初にやる必要はないですが、
本機は自動で通常ゲーム数を全カウントしてくれる機能がないので、データカウンターの仕様は確認しておくべきだと思います。具体的には秘宝CHANCE中のゲーム数をカウントするのか、ART中のゲーム数をカウントするのかですね!

②通常時は、
子役をカウントしながら打っていきます。
チャンス目(MB中)はカウントしてはいけないので注意しましょう。
BIGや子役での同時当選にも大きな設定差があるので要確認です。

④ART中は、
通常時同様、子役をカウントです。
ART終了画面は設定を示唆しているので要確認です♪

    
スポンサードリンク

One Response to “【暫定版】秘宝伝~伝説への道~ 設定差・設定判別まとめ”

  1. […] ます。 ぜひご覧下さい(*^_^*) 【暫定版】秘宝伝~伝説への道~ 設定差・設定判別まとめ […]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

プロフィール










管理人のたままと申します。
2013年8月にパチンコ・スロットデビュー。当初から「勝ち」に拘った立ち回りを実践して現在に至ります。当ブログは、初心者も気軽に「設定狙い」に挑戦して欲しいという願いから設立しました。まだまだ至らない点も多いと思いますが読者様に有益な情報をお届け出来るよう努めていきますので今後とも宜しくお願い致します。

アーカイブ

最近のコメント

相互RSS

このページの先頭へ