【暫定版】北斗の拳 強敵 設定差・設定判別まとめ

title_jpg_pagespeed_ce_wH1Hy55oQp(c)Sammy

この記事ではパチスロ 北斗の拳 強敵
設定差・設定判別要素についてまとめています。
設定判別手順の一例についても記述したので
参考になれば幸いです。
予習・復習・設定狙いの際にはぜひご活用下さい。

初当たり・スペック

382634d7284155fa0f3a259f2168981d
AT初当たり確率に設定差が存在します。
機械割は基本的なタイプかと思います。
設定3でも機械割はプラスなので期待値マイナスを
打ってしまうリスクというのは減るのかもしれません。

高設定確定演出

■AT中の上乗せ枚数
「+333枚」→設定456確定
「+331枚」or「+60枚」→設定6確定
※上乗せバトル・継続バトルのみ

■継続バトル
トキのカットイン追撃で設定56確定
※VSシン・サウザー・ラオウ時のみ

子役確率

8ff32c443de59dabe5032c0e66af7b5a※角チェリー(1/121.4),弱チャンス目(1/122.3),JAC(1/65536.0)は設定差なし

子役確率に設定差があります。
全体的に単純に高設定ほど出やすくなりますが、
完全ハズレだけは高設定ほど出にくくなります。

通常時・AT中ともに子役確率に変化はないので
通常時だけでなくAT中もカウントは有効です。

通常時の完全ハズレは中押し手順ではカウント出来ないので
逆押し」するようにしましょう(*^_^*)

モード移行率

■AT終了時
0b396b3759fee2be0cfd1ba0b55e9d8f
■設定変更時
e824f882c9ad76b4fc1f1f0cdf7cac34
本機の設定判別のメインはAT後の高確移行です。
完全に状態を把握することは不可能ですが、
演出などから高確を把握していきましょう!

また設定変更時のモード移行率にも設定差があります。
即前兆は設定1と設定6で5倍以上差があります。
即前兆の台は気合を入れて判別していきたいですね(*^_^*)

角チェリー・弱チャンス目からのCZ当選

92d533202f9b2f4ab39c91fa7ffa131e
角チェリー・弱チャンス目からのCZ当選率に
設定差があります。

CZは主に北斗カウンターが「0」になって消滅し、
AT非当選だった場合に抽選されており、
そこに設定差はないのでその場合のCZ当選はサンプルから
除外しましょう!

AT開始時の状態

3ad366c224792c193895c67cde94cde8
AT開始時の状態に設定差があります。
高設定ほど高確スタートが多く、その差は2倍!

高確滞在時は上乗せバトル当選率が約1/8.9にまで
跳ね上がります。
上乗せバトル当選や、レイ同行、黒ナビ頻発、
「シャオ」ボイスなどから判断しましょう(*^_^*)

上乗せバトル

282dfad222d48fe9db62a890d4728a60
AT中の上乗せバトル当選率に設定差があります。
高確状態にはほとんど差がないので
通常状態のバトル当選率を意識していきましょう!

とはいうものの、状態の移行・転落が正確に分からないため
合算で見ても良いと思います。
その際、高設定は高確スタート・高確滞在の割合が高いので
大幅に通常当選率を上回ります。
また、低設定では、高確スタート・高確滞在の割合が低いので
通常当選率は設定1を上回りますが、その差は低いです。
高設定を狙う場合は合算で1/75以上を狙いたいです。

百裂モード突入率

6d7504fea43638918101c70cfd0a1ae5
AT当選時には「百裂モード」と呼ばれる裏モードに
突入する可能性があります。
このモードは、継続バトルに勝利すると3桁上乗せが
確定するので夢がありますね(*^_^*)
設定23優遇といった特徴があります。

北斗乱舞発生率

3c4e6df431dcf71ee0ce5f34fa1290a5
AT中の北斗乱舞発生率には段階的に設定差があります。
AT中のG数を稼ぐことが難しい展開が多いことが
予想されるため、過度な信頼は禁物です!

高確移行率

■低確滞在時
60dd149902e9ca4da4186367615234fa
■通常滞在時
47139191e3d9c3f05b7762848389e831
■AT中(完全ハズレ)
c7a5f1bdb28e2ea148bcf9fa357bd8b3
子役での高確移行率に設定差があります。
状態は演出などから判断しましょう!

通常時の設定3~6は設定差がないので注意しましょう。
本機は設定3の利用価値が高いと聞きます。
設定3には注意しましょう(*^_^*)

前兆移行率

■通常滞在時
ac0e5cff5e4f5c0918beb1498022b6d3※中段チェリー(25%),強スイカ(12.5%),強チャンス目(12.5%)は設定差なし
■高確滞在時
897dfbc6e91b94230351ca82ce340033※中段チェリー(100%),角チェリー(0.39%),強スイカ(50%),強チャンス目(100%)は設定差なし

高確滞在時のみ完全ハズレで前兆に移行します。
いわゆる謎当たりってやつですね!

状態を把握出来れば判別に利用出来ますが、
強敵の状態判別は難しい部類だと思います。
高確示唆が出ていない状態で、弱スイカ・弱チャンス目から
当選した場合は高設定の期待が高まりますね(*^_^*)

また、高設定ほど高確比率が高まるので
初当たりに占める弱スイカ・弱チャンス目当選の
割合は高くなります!

設定判別手順紹介

カウントするもの
■通常時
・中段チェリー
・弱スイカ
・強スイカ
・強チャンス目
・完全ハズレ
・弱チャンス目
・(謎高確)
■AT中
・完全ハズレ(+高確移行)

メモ用
■通常時
———-CZ———-
角チェ・弱チャ目
当選
■AT
———-開始———-
回数
高確
———-終了———-
回数
高確
前兆
———-北斗乱舞———-
回数

灰色の部分マイスロでカウントしてくれる部分です。
マイスロを起動する場合は、黒文字の部分だけカウントしましょう(*^_^*)
マイスロを起動しない場合は、全てカウントしましょう(*^_^*)
メモは、これらを直接自分のスマホなどにコピーして頂き
横に数字を記入することで当ページに掲載されているほとんど全ての
判別要素を網羅することが出来ます。

それでは具体的な設定判別手順を紹介しておきます。

①朝一から打つ場合は設定変更or据え置きのチェックを!
(本機はガックン判別が有効です ※但し対策されている場合は不可)
高設定を狙う場合、朝一即前兆を見るのも良いと思います。
②マイスロを起動
③通常時は、子役をカウントしながら打っていきます。
【上級編】
高確移行率を設定判別要素に組み込むことで
判別の精度を上げることが出来ます。
高確示唆演出は見落とさないように。
④AT当選時は、開始時の状態を確認します。
AT中は完全ハズレ完全ハズレからの高確移行をカウント。
AT終了後は、状態を確認します。

これはほんの一例ですのでもっと良いやり方がある場合は
コメント欄などで教えて頂けると嬉しいです(*^。^*)

    
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール










管理人のたままと申します。
2013年8月にパチンコ・スロットデビュー。当初から「勝ち」に拘った立ち回りを実践して現在に至ります。当ブログは、初心者も気軽に「設定狙い」に挑戦して欲しいという願いから設立しました。まだまだ至らない点も多いと思いますが読者様に有益な情報をお届け出来るよう努めていきますので今後とも宜しくお願い致します。

アーカイブ

最近のコメント

相互RSS

このページの先頭へ